【図解】配当所得控除額の計算方法

★ お気に入りに追加
配当控除額 計算方法

配当所得に当たる所得税は「配当控除」が効きます。確定申告をすると決めた方は、配当控除額を計算しなければいけません。

この記事では、その計算方法について図で詳しく説明します。

1.配当控除という減税制度

配当所得があり、確定申告(総合課税)をする場合は「配当控除」という税額控除を受けることができます。

目的

この「配当控除」は、二重課税を防止するために作られた制度です。

企業などは儲けた利益から株主へ配当を行いますが、その利益にはすでに法人税が課税されています。その配当金を株主が配当所得として確定申告し、所得税を支払うと、二重に税金を支払うことになってしまいます。この二重課税を防止する目的で作られた制度が「配当控除」です。

配当控除の対象外

全ての配当金が控除の対象になりわけではありません。

例えば、次のものは、配当控除を受けることができません。

  • 上場株式等の配当所得のうち、申告分離課税を選択したもの
  • 申告不要制度を選択したもの
  • NISA口座による受取配当金
  • 外国法人からの配当
  • 上場不動産投資信託(J-REIT)の分配金

2.配当控除の計算方法

配当控除の計算は課税総所得金額の金額によって区分されています。

課税総所得金額は医療費控除、扶養控除などの所得控除を差し引いた後の金額で、また分離して課税される所得を除いたものになります。

配当控除額は、この課税総所得金額が1000万円を超えたかどうかが税率の変わるポイントになります。

配当控除率

A.課税所得が配当所得を加えても1,000万円以下の場合

この場合、控除額は配当所得の金額×10%で計算します。

配当控除額=配当所得金額×10%

配当所得 A

例えば、Aさんの場合、控除額は50万円×10%=5万円になります。

B.配当所得を加えると課税総所得金額が1,000万円を超える場合

この場合、1000万円を超えている部分と超えていない部分で税率が変わります。

配当控除額=(1,000万円以下の部分の配当所得の金額×10%)+(1,000万円を超える部分の配当所得の金額×5%

配当所得 控除 B

Bさんの場合、控除額は以下のようになります。

1,000万円までの部分の配当控除額=25万円×10%=2万5000円

1,000万円を超える部分の配当控除額=25万円×5%=1万2500円

控除額=3万7500円

C.配当所得以外の課税総所得金額が1,000万円を超える場合

この場合、控除額は配当所得の金額×5%で計算します。

配当控除額=配当所得金額×5%

配当所得 控除 C

例えば、Cさんの場合、配当控除額は50万円×5%=2万5000円になります。

ほかの注意点

証券投資信託の収益の分配金に係る配当所得については配当控除率が半分になります。

また、特定外貨建等証券投資信託以外の外貨建証券投資信託の収益の分配に係る配当所得については配当控除率が4分の1になります。

まとめ

このように、自分の課税総所得金額が1,000万円を超えているかどうかで課税方式が三パターンありますので、注意しましょう。

GoogleAdsense

この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事

GoogleAdsense関連コンテンツ