配当金をもらった方へ、確定申告が必要か見分けるポイント

★ お気に入りに追加
配当 確定申告

株の配当を受け取った方は、確定申告をしたほうがお得になることがほとんどですが、所得が一定額より上の場合、したら損するケースもあります。

この記事では、配当所得の確定申告が必要かどうか、また有利不利を見分けるポイントについて説明します。

1.確定申告が必ず必要な人

これらの要件を満たす人は確定申告が必ず必要となります。

  • 上場株でも発行済株式総数の3%以上を保有する大口株主の場合
  • 非上場株式等以外の株式の配当が一銘柄について、一回の支払い金額が十万円以上の配当である場合

これらの場合、配当所得支払金額に対して所得税(20.42%)のみが源泉徴収されていますが、住民税は源泉徴収されていません。これは、住民税の納税義務がないのではなく、別途、確定申告が必要であることを意味しています。

配当所得 確定申告 1

大口株主:発行株式総数の3%以上を保有する株主。

少額配当:一銘柄について、一回の支払い金額が10万円以下の配当(配当額の計算期間が1年でないときは「10万円×配当計算期間の月数(最高12か月)÷12」以下の配当を指します。なお、「配当計算期間」とは、配当計算期間の初日から配当の支払い基準日までの期間を指します。)

2.申告したほうが有利な人

確定申告を必要としなくても、申告をしたほうがいいことがあります。

配当所得の確定申告について、「申告分離課税」と「総合課税」の二つの申告方法があります。詳しくはこちらのサイトをご覧ください:

関連記事
配当所得とは
配当金にかかる税金、配当所得とは?
配当所得は十種類ある所得の一種であり、税金が課されます。配当所得をもらえた場合、どのように課税するか、控除は何がある…

まず、選ぶポイントとして譲渡損があるかで「申告分離課税」と「総合課税」のどっちがいいかを判断します。

譲渡損がある場合

申告分離課税では、配当と譲渡損が通算できます。つまり、配当額で株式売買で出して損失を補填することができるため、本来の配当所得には課税されなくなります。

また「総合課税」は、累進性になっていますが、「申告分離課税」は一律20.315%になりますので、課税所得が330万円以上の場合は申告分離課税を選んだほうが税率が低く抑えられます。

一つ注意するべき点は、「申告分離課税」で申請する場合、「配当控除」は適用できません。

従って、譲渡損がある場合、以下のいずれかの場合であれば「申告分離課税」のほうが有利になります。

  • 課税所得330万以上
  • 損益通算後の配当所得がゼロ

譲渡損がない場合

譲渡損がない場合かつ課税所得が695万円以下の場合は、確定申告をしたほうが基本的に有利になります(実効税率は考慮していません)。

なぜかというと、「総合課税」は配当所得を配当所得以外の所得と合算して所得税を課税するため、累進性になっていて、課税所得に応じて税率は高くなっていきます。

所得税の課税方法については以下の記事をご参考ください:

関連記事
所得税計算
簡単にできる所得税の計算
 1.所得税計算:5つのSTEP 個人事業主をはじめ、サラリーマンでもアパート家賃収入など副収入がある人は…

主な目安としては、課税所得が695万円以下の場合は、税率が源泉徴収の税率と申告分離課税の税率よりも低くなり、有利になると言えます。一方、695万円以上の課税所得の方は、申告せずに源泉徴収で済ませたほうがよいでしょう。

関連記事

「配当」という名前でも、「配当所得」ではない場合があります。何が「配当所得」に当たるのか、詳しくはこちらの記事をご覧ください:
 
関連記事
配当所得とは
配当金にかかる税金、配当所得とは?
配当所得は十種類ある所得の一種であり、税金が課されます。配当所得をもらえた場合、どのように課税するか、控除は何がある…
 
税務行政のスマート化を目指して、年末調整・確定申告の電子化及び改善の検討が進められています。この検討内容が実現化した場合には、現在のe-Taxにおける利用しにくい部分が改善され、手続きがより簡単になる予定です。詳しくは以下の記事をご覧ください:
 
関連記事
デスクトップ 電子化
確定申告・年末調整の手続きが簡単に!電子化でどう変わる?
税務行政のスマート化を目指して、年末調整・確定申告の電子化及び改善の検討が進められています。 この検討内容が実現化し…

GoogleAdsense

この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事

GoogleAdsense関連コンテンツ