Facebookが発表した仮想通貨「リブラ(Libra)」とは?

★ お気に入りに追加
Libra logo

世界最大のSNS「Facebook」が新しい仮想通貨「リブラ(Libra)」。仮想通貨というだけではなく、Facebookが開発を進めているということでも話題を集めています。

6月18日には公式サイトが公開され、いよいよ現実味が湧いてきています。

今回はFacebookが新発表した仮想通貨「リブラ(Libra)」の概要や特徴、世界に与える影響などについて解説していきます。

1.Facebookが発表した「リブラ(Libra)」

まずは、「そもそも仮想通貨って何?」という点から理解していきながら、Facebookが開発を進めているリブラ(Libra)について学んでいきましょう。

Facebookが開発しているとはいっても、さまざまな企業が絡んでもいるので、そういった部分でどのような形になっていくのかも注目です。

(1)「リブラ(Libra)」って何?

リブラ(Libra)は、Facebookが現在開発を行なっている仮想通貨のことです。

世界中の人々がユーザーになりうると言われており、「シンプルかつグローバルな通貨と金融インフラを提供する」をコンセプトに成り立っています。

そもそも「仮想通貨」というのは「電磁的な財産価値」で「電磁的に移動可能」な通貨を指し、不特定多数に対して使用・交換が可能になっています。

円やドルといった「法定通貨」に対する言葉としても使われますが、もう1つ重要な定義として「通貨建て資産に該当しない」という項目があります。

「通貨建て資産」というのは、「円やドル」などの通貨で表示され、債務の履行や払い戻しなどが行われる資産を指します。

この観点からリブラ(Libra)は、通貨建て資産に該当しないという見解を示している識者も多く、このため日本では仮想通貨に分類されないという解釈がなされています。

(2)ビットコインとの違い

仮想通貨の中で最も有名な「ビットコイン」との相違点については、大まかにあげるとビットコインは価値の変動が激しく投機対象という存在である一方、リブラ(Libra)は価値変動を抑え決済手段としての利用を目指しています

(3)参加企業

リブラ 参加企業

リブラ(Libra)には名だたる企業が参画しています。

創設には、Uber、VISA、PayPal、ebay、coinbaseその他のグローバル企業が公開されており、仮想通貨事業を行うという観点から「決済企業」「テック企業」「ブロックチェーン関連企業」などが集められています。

これらの企業は「リブラ協会」に集められ、合議制によって参画メンバーの3分の2の合意によって方針を決定する仕組みとなっています。

(4)いつから利用開始?

2020年の前半に正式稼働を予定しており、公式サイトにはオープンソースが公開されており、テストが実施されています。

(5)使い方

リブラ(Libra)はシンプルな通貨・金融インフラを目指しており、利用にはスマホとデータ通信環境が揃えば誰でも使えるようになることが予定されています。

【引用】リブラ(Libra)公式サイト

2.リブラ(Libra)の特徴は?

それではリブラ(Libra)の特徴について解説していきます。その他の仮想通貨とはどのような点で異なるのか、そして、リブラ(Libra)自体にどのような機能が備わっていくのかを知っていきましょう。

リブラ 特徴

(1)ステーブルコイン機能

仮想通貨は価値変動が大きいものが多く、決済手段というよりは投機対象として見られることが多いです。

リブラ(Libra)は、そのような観点から、決済手段としての仮想通貨を目指しており、低ボラティリティ(予想変動率)のステーブルコインとしてリリースされる予定です。

世界中で誰もが簡単に通貨のやりとりができるようになることが期待されており、これまでの仮想通貨とは異なった「円やドル」といった法定通貨に近い存在になるのではないかといわれています

(2)Facebookのユーザー数

Facebookのユーザー数は全世界で20億人以上いるといわれています。その中には、銀行口座を持つことができない人も多く、そういった人たちにとっての銀行的な存在になることを目指しています

世界中の人が低コストで使える金融サービスを実現し、途上国などの金融問題の解決を狙っています。

そして、Facebookのユーザー数から考えても世界規模の仮想通貨になる可能性を秘めています。

(3)独自ウォレット「カリブラ(calibra)」

リブラ(Libra)では、カリブラ(Calibra)と呼ばれる専用のデジタルウォレットがリリースされる予定となっています。

専用のアプリやFacebookの「messenger」アプリから利用することができ、テキストメッセージを送るぐらい簡単にリブラ(Libra)の送金ができるといわれています。

カリブラ

【画像引用】「Calibra」:新しいグローバル通貨のためのデジタルウォレット、2020年に登場 | Facebookニュースルーム

(4)日本人は使える?

リブラ(Libra)の参画企業に日本法人がないのは気になるところです。ただ「ソニー」や「JCB」が入るのでは、という噂もあり、日本の規制をクリアし、交換業者が絡めば日本人でも利用できる可能性はあります。

(5)メリットは?

これまで国を跨ぐような送金サービスでは、時間やお金がかかっていました。そのために、金融サービスを受けられない人も多いという現状がありました。

リブラ(Libra)の登場によって、世界中の人が同じように低コストな金融サービスを享受することができるようになります。手軽でスピーディなお金が世界中で同じように使えるというメリットがあり、経済的に完全な公平性の実現が可能になります。

3.リブラ(Libra)の影響と問題点は?

可能性ばかりに目が向いてしまうリブラ(Libra)ですが、それでもリブラ(Libra)の登場に伴う影響や問題点も指摘されています。

(1)アメリカの圧力団体が議会に開発中止を求める

アメリカでは早くも圧力団体が議会に対してリブラ(Libra)の開発中止の要求を行いました。

中止を求める理由としては、ステーブルコインとしての機能性に対する疑義に始まり、当初掲げられていた方針の継続性、そして、Facebookが過去に起こした個人情報問題などに照らして、プライバシーや安全保障上の問題、セキュリティ上のリスクなどへの懸念が集まっています。

(2)既得権益の崩壊

既存の金融サービスは、送金や振込、決済における手数料によって利益を得ていましたが、リブラ(Libra)の登場に伴いそういった既得権益が崩壊するといわれています。

特に、このメリットを享受していた銀行などは大きな影響を受けることは避けられません。

(3)セキュリティは?

セキュリティに懸念が集まるリブラ(Libra)ですが、公式サイトでは「セキュリティを念頭に置いた設計」と公表されています。

また、カリブラ(calibra)では、端末紛失などのサポート体制や不正利用防止に取り組む予定となっており、利用者のアカウント情報をFacebookの広告運用にも使用しないという方針を示しています。

(4)マネーロンダリング

仮想通貨はマネーロンダリングの温床になりやすいという問題がありました。リブラ(Libra)にも同様の可能性が指摘されています。

(5)規模の大きさ

Facebookのユーザー数が全世界で20億人を超えると言われている中で、リブラ(Libra)が同規模にまで発展した場合、国家よりも強い影響力を保持する可能性が指摘されています。

企業が強大な力を持つことへの問題意識は既に指摘する人も多く、金融インフラになり得るリブラ(Libra)がこのような力を持つことへの懸念もあります。

(6)世界に与える影響

ネガティブな問題点が多く指摘されるリブラ(Libra)ですが、世界に与えるポジティブな影響もあります。グローバルな暗号通貨として世界中で誰もが同じように利用することができれば、国などに関係なく金融インフラを誰もが公平に利用可能になります

スマホと通信環境さえあれば誰もが簡単に送金や決済が行えるようになり、通貨や金融の仕組みが大きく塗り替えられる可能性さえあります。

国をまたいだ取引や買い物などもより便利に使いやすくなることも考えられるため、リブラ(Libra)がうまく機能すれば、世界中の人の生活の向上に寄与するでしょう。

まとめ

Facebookが新たに開発を進めている仮想通貨「リブラ(Libra)」について解説していきました。ビットコインのような既存の仮想通貨とは異なる特徴を持っている、というより、本来仮想通貨のあるべき姿を実現させようとしているようにも見えます。

2020年の稼働予定となっており、もう間もなくと迫っていますので、今のうちにリブラ(Libra)が何なのかを詳しく知っておきましょう。

GoogleAdsense

この記事が役に立ったらシェアしてください!

GoogleAdsense関連コンテンツ