アルバイトを掛け持ちしたとき税金はどうなるの?

★ お気に入りに追加
源泉徴収

 1つのアルバイトだけでは生活が厳しい、もっと遊ぶお金が欲しい、という人は2つ目、3つ目とアルバイトを掛け持ちすることも少なくないと思います。しかし、その場合、税金はどうなるのでしょうか。どちらかのアルバイト先が代わりに申告してくれるのでしょうか。それとも、自分で何か申告しなくてはならないのでしょうか。アルバイトで効率よく稼ぎたい人必見の記事です。

1.所得税とはどんな税金?

1-1.税金の種類、区分方法

日本の税金には多くの種類がありますが、大きく分けて国に支払う国税と、地方公共団体に支払う地方税があります。
国税には、個人の所得に対する所得税や法人の所得に対する法人税のほかに、相続税や贈与税、消費税、酒税、たばこ税、自動車重量税などがあります。
地方税には、個人や法人に対する住民税や事業税、固定資産税、地方消費税、自動車税などがあります。

また、それぞれの税金は、徴収方法に応じて直接税と間接税に区分されます。
直接税は納税者が直接支払う税金のことで、法人税や事業税、相続税、贈与税などがあります。
間接税は税金を支払う人と負担する人が異なる税金のことで、代表的なものに消費税、地方消費税があります。

今回テーマでもある所得税は、個人の所得にかかる税金ですから、国に支払う国税で原則、納税者が直接支払う直接税です。

1-2.給与所得者(アルバイト)の意義とその納税額

所得税とは、個人が1年間のもうけに対して課される税金のことです。個人が1年間に得た収入は発生原因に応じた課税方法が採用され、収入の種類に応じて10種類の所得に区分されます。
その中で、給与や賞与などによる収入は、給与所得に該当します。また、給与所得のある人を給与所得者といいます。給与には、正社員の月給だけでなく、アルバイトやパートなどの日給や時間給も含まれるため、アルバイトやパートも給与所得者になります。給与所得の所得税納税額は次の算式で求めます。

所得税納税額=(1年間の給与収入-給与所得控除-所得控除)×税率

給与所得控除の金額は1年間の給与収入の金額に応じて変わりますが、最低65万円あります。所得控除は扶養家族の数や生命保険料の支払い額などで金額が変わりますが、最低38万円あります。
つまり、どんな人にも給与所得控除65万円所得控除(基礎控除)38万円103万円の最低控除額があるので、1年間103万円までの給与収入であれば、所得税の納税額はありません。

2.給与所得者の源泉徴収制度

2-1.源泉徴収とは

正社員やアルバイト、パートなど給料をもらっている人で、自分で税金を納めている人は少ないでしょう。それは、給料などの収入には、源泉徴収制度が採用されているためです。
源泉徴収とは、給与の支払いをする会社が、毎月の給料から給料の金額に応じた所得税の金額を徴収(天引き)し、翌月10日までに、従業員に代わって徴収した所得税を国に納付する制度です。
国としては、確実に税金を徴収することができ、従業員にとっては、自分で所得税を納付する手間が省けるメリットがあります。

2-2.アルバイトやパートを掛け持ちした際の源泉徴収

通常、1つの会社でアルバイトやパートをしている場合は、その会社から源泉徴収されます。源泉徴収は、毎年、国税庁から発表される「泉徴収税額表」というものを参考にします。

この場合、アルバイト従業員の毎月の給料の額(社会保険料が引かれている場合は、社会保険料控除後の金額)と扶養家族の人数を、「源泉徴収税額表」の甲欄にあてはめて、給料から差し引く所得税の金額を計算しています。(源泉徴収税額表平成30年分 国税庁より引用)

平成29年源泉徴収税額表

では、アルバイトやパートを掛け持ちしている場合はどうなるのでしょうか。この場合、1つの会社では、掛け持ちしていない場合と同様に、「源泉徴収税額表」の甲欄にあてはめて、給料から差し引く所得税の金額を計算し、もう一方の会社では、「源泉徴収税額表」の乙欄にあてはめて、給料から差し引く所得税の金額を計算します。

甲欄と乙欄の大きな違いは、源泉徴収される所得税の金額が、乙欄の方が大きいということです。甲欄の所得税の金額は、毎月の給料や扶養家族などに大きな変化がないことを前提に、後で大きな過不足が出ないように計算されています。しかし、アルバイトやパートを掛け持ちしている場合は、その計算に狂いが生じてしまうので、もう一方の会社では、税額の大きい乙欄を用いて所得税を源泉徴収することになっています。

2-3.年末調整はどちらがするのか

源泉徴収を甲欄で行うのか、乙欄で行うのかは、アルバイト先が勝手に判断することはできません。アルバイトする人が、甲欄で源泉徴収してほしい会社にのみ、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出します。通常、アルバイト先が用紙を用意し、必要事項の記載と提出を求められます。

実は「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の提出は、年末調整をする要件になっています。そのため、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出された会社は、毎月の給料から天引きする所得税の金額を甲欄で計算するだけでなく、所得税の年末調整も行います。

年末調整とは実際の1年間の給料とその給料に対する所得税を再計算し、すでに毎月の給料から源泉徴収されている所得税の金額とを比較し、過不足を精算することです。「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出した会社、つまりどちらか一社でしか、年末調整は行われないので注意しましょう。

3.アルバイト掛け持ちしたときの申告

3-1.アルバイト先が1つだけの場合の申告の有無、方法

ここからは、アルバイトをしている人と確定申告の有無について見ていきましょう。
まずは、アルバイト先が1つだけの場合です。
アルバイト先が1つだけの場合は、アルバイト先に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出し、甲欄で源泉徴収される所得税の金額を計算してもらいます。年末になれば年末調整をして、所得税の過不足を精算します。年末調整で所得税が精算されているので、アルバイト先が1つだけの場合は、確定申告をする必要はありません。
ただし、医療費控除や初めて住宅ローン控除を受ける場合は、年末調整では反映できない手続きのため、確定申告をする必要があります。

3-2.アルバイトを掛け持ちしたときの場合の申告の有無、方法

アルバイトを掛け持ちした場合は、1つの会社では年末調整がされますが、もう一方の会社では年末調整がされません。そのため、通常、翌年の2月16日~3月15日の期間に、確定申告を行う必要があります。確定申告で必要な書類は、次のとおりです。

  • 確定申告書A
  • 源泉徴収票(掛け持ちしているバイト先2社分)
  • 医療費控除など、その他控除を受けるための書類(必要であれば)

確定申告書の作成は、そこまで複雑なものではないので、自分で行うことも可能です。その場合は、国税庁の確定申告書作成コーナーを利用すると便利です。

【参考外部サイト】確定申告書作成コーナー
画面に従って必要事項を記載していけば、自動で確定申告書が作成できます。

3-3.雇い主が掛け持ちしていることを知らなかったら?

アルバイトを掛け持ちしている人は、1つのアルバイト先にのみ「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出します。このことで、提出されなかったアルバイト先では、掛け持ちしていることがわかり、乙欄で所得税の計算をします。

では、間違ってどちらのアルバイト先にも「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出した場合はどうなるのでしょうか。
この場合は、どちらの雇い主も掛け持ちの事実を知りません。そのため、どちらも甲欄で所得税の計算をし、年末調整します。
どちらも甲欄で所得税の計算をし、年末調整した場合も、特にどちらかのアルバイト先で計算のやり直しなどを頼んで行ってもらうといったことを行う必要はありません。アルバイトをしている人自身が税務署に確定申告をし、不足している所得税を国に納付します。翌年はどちらか一方だけに「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出するよう、注意しましょう。

どちらのアルバイト先でも甲欄で所得税の計算をし、年末調整した場合、所得税の支払いが不足しているケースが多いです。そのため、必ず確定申告をして税金の不足分を納付するようにしましょう。

3-4.マイナンバー制度導入での変化

マイナンバー制度の導入により、確定申告書や源泉徴収票(国等への提出用)などに、マイナンバーが記載されるようになりました。このマイナンバーによって、国や地方自治体などが、個人の収入や税金の納付状況などの情報を取得しやすくなっています。今まで以上に、申告漏れや税金の納付漏れなどが発覚しやすくなるでしょう。

まとめ

アルバイトを掛け持ちして働くという人は、ある程度の知識を持たなければならないということを分かっていただいたと思います。こうした知識を知っておいて決して損はしないでしょう。たとえアルバイトだとしても、「税」の問題と上手く付き合っていくことが大切です。

GoogleAdsense

この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事