法人版マイナンバーを利用してネット詐欺を撃退!

★ お気に入りに追加
法人番号公表サイト

平成28年(2016年)1月からマイナンバーの利用が始まりました。マイナンバーを利用した詐欺が早速発生したりとか、システム障害によりマイナンバーカードの発行が大幅に遅れたりとかで、イマイチ印象のよくないマイナンバーですが、マイナンバーは個人だけでなく会社などの法人にもつけられていることをご存じでしょうか?

個人に付与されるマイナンバーは個人番号というのに対して、法人に付与されるマイナンバーは法人番号と呼ばれますが、実はこの法人番号の制度を利用すると、ネット詐欺を撃退しやすくなります。もちろん、法人番号だけでネット詐欺を見抜けるわけではありませんが、簡単に利用できますので、初めて購入する店舗では一度試してみると良いでしょう。

法人番号とは?

法人番号とは、会社などの法人につけられる13桁の番号です(12桁の基礎番号の左側に1桁の検査用の数字を付加したものです)。
法人番号は1つの法人に1つの番号がつけられます。支店や営業所が複数あっても番号は1つだけです。つまり、従業員が何万人いる大企業であっても、役員が1人だけの零細企業であっても、法人番号は1つだけです。

法人番号は法人に付与されますので、株式会社や有限会社だけでなく、学校法人、宗教法人、医療法人などにも付与されます。また、法人番号は法人だけでなく、都道府県、市区町村、各種組合、各種協会、商工会議所などの公共機関にもつけられます。以下、法人番号が指定される団体・機関です。

・会社法その他の法令の規定により設立の登記をした法人
・国の機関
・地方公共団体のほか
・これら以外の法人又は人格のない社団等であって、法人税・消費税の申告納税義務又は給与等に係る所得税の源泉徴収義務を有することとなる団体

法人番号は各法人に書面で通知されます。そして、インターネット上で、法人の、①商号または名称、②本店所在地、③法人番号の3つの情報が公表されています。個人のマイナンバーでは、個人番号は他人に知られないように秘密厳守であるのに対して、法人番号は公に公開されることが特徴です。法人番号に利用の制限はなく自由に使うことができます

法人番号公表サイトで法人の存在を確認できる!

法人番号は、国税庁の法人番号公表サイトで公表されています。

法人番号公表サイト

【参照】国税庁法人番号公表サイト

検索できることは、
①法人番号から、法人の商号と所在地を調べる
②法人の商号と所在地から、法人番号を調べる
ですが、通常、法人番号は知りませんので、②を利用することになります。

どうやってネット詐欺撃退に利用するかというと、至って簡単! ネット店舗の会社名を「商号または名称」の欄(下のほうの入力欄)に入力して、下の方にある検索ボタンを押すだけです。その会社が存在すれば、結果が表示されます。ネット店舗で掲載されている会社名と所在地が合っているか念のため確認しましょう。逆に結果が表示されなければ、その会社は存在しないということです。つまり、詐欺目的でダミーの会社名を書いていたら、それを見破れるわけです。

えっ、それだけと思うかもしれませんが、以前は、会社の存在を確認しようとしたら法務局に行って商業登記簿謄本を取得する必要がありました。これには費用も手間もかかりますし、申請書には正確な会社名を記載し、住所も市区町村までは記載する必要がありました。インターネット上で登記簿を請求できる「登記情報提供サービス」もありますが、基本的には同じです。費用は数百円ですが、わざわざお金をかけて会社の存在を確認しようとまでは思わないでしょう。

法人番号公表サイトのおかげで、無料でしかも会社名だけで、会社の存在を確認できるようになったのです。「部分一致」を選択すれば、正式名称でなくても大丈夫ですし、「読み仮名で検索(カタカナ)」を選ぶこともできます。カタカナでなくても、ひらがなでも検索可能です。

もちろん、会社が存在しているからといって詐欺サイトでないという保障はありませんが、外国人が作成している詐欺サイトはたいていダミー会社名を書いていますので、まずは簡単に詐欺かどうか見分けるための一つの手段として利用できます。

実際、筆者がこの方法で詐欺サイトに気付きました。下記のサイトには会社名が記載されていますが、法人番号公表サイトで検索しても表示されません。

詐欺サイト

会社名や住所が書いていなかったらどうするか?ですが、そもそもこれはネット店舗として論外です。特定商取引法11条(通信販売についての広告)には、事業者の名称、住所、電話場号を記載することが義務付けられており、従わなければ罰則もあります。法律違反をしているサイトから購入してはいけません。

あと、個人事業主の場合は、あくまでも個人であり法人番号がありませんので、この方法は使えませんので、ご注意ください。

GoogleAdsense

この記事が役に立ったらシェアしてください!

GoogleAdsense関連コンテンツ